読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

安心を得るために恐怖と苦痛に耐えて参ります......。


なにを好き好んでわざわざ都内から伊豆まで出向かねばならぬのか???
人間ドックくらい都内でいくらでも受診できるではないかっ!!!

と、憤る今日この頃、ボクは明日会社の強制的な定期健診のために伊豆の病院まで長の旅路につくのであります......。


かくいうボクは人間ドックが大嫌いなのであります。
思い起こせば4年前。当時胃の調子が悪く、物は試しとばかりに興味本位に福利厚生の人間ドックを受診したのが運の尽き......。
内視鏡があれほどの恐怖と苦痛をもたらすものとは全く持って想定外だったのです。
しかも、女医さんだったんで優しくボクを包み込んでいただけるのだろぉ〜なんてな妄想はこの現実社会にあるはずもなく...超弩Sな女医さんにボクの身も心もズダボロにされ、生ける屍と化したボクは方針状態のままその病院を後にしたのです.....。


そんなトラウマからすっかり内視鏡検査など死ぬまで受けるかっ!!!と心に決めていたんですが、つい先月...。
ちと夕飯を無理して食いすぎたので、古代ローマ人の如く食べるいなや吐いちゃうかぁ〜とお店のトイレで吐き出すと、一通り吐いた後にピンク色のものが......。
第3波あたりになると明らかに血そのものがボクの口の中からドボドボと吐き出されてくるのです......。

これ...ヲレ......死ぬ.........。
相方さんごめんなさい。自分で自分の体を把握できておりませんでした。多分、内臓のどっかが癌でしかも、もう末期かもしれません。
短い間だったけど幸せでした......(-人-)合掌。

と、未だかつてない出血現場を目にし翌日胃腸科を目指したのはいうまでもありません。
でも、心のどこかでレントゲンとかで何とかなるかと甘く考えていたのです。
そう、まさか内視鏡ってことはないだろうと......。

一ヶ月ほど前、4年ぶりにまたボクは内視鏡に喉、食道、胃を犯されたのです......。
も゛ぉ〜それはひどいピス○ン...いや、仕打ちでした。お天道様に申し開きができないくらいにボクの心は打ちひしがられたのです...。

まぁ、このときの結果は特に以上はなく...(^^;)ハハハ。
食道と胃の接続点は狭くなっているので、食べてすぐに吐いたりすると固形物のままの場合が多いので、このつなぎ目に急に負荷がかかり傷がつきやすいらしいです。
特に、お酒を飲んですぐ吐いたりすると同様の症状が出やすいとのこと。
お酒を飲んで吐く人は気をつけてください(笑)
カメラに撮られたボクの内臓は傷もふさがれておりきれいなモンでした。



と、話が長くなりましたがそれほど内視鏡が嫌いなのでありますっ!
しかも、今回は一ヶ月まえにやったばかりだし、またやる必要がないではないかと。
こんな苦しい思いをするためにわざわざ一泊二日で伊豆くんだりまで何ゆえいかねばならぬのか?
そのために事前にウンチョスも2日分摂取しなければならず......。
これでは落ち着いてウンチョスもできないではないかっ!とりあえず今朝で二日分摂取し終えたが、緊張しすぎて下痢になっちまったぞっ!!
明日の朝も、起き立ての濃いぃ〜〜シッコスを摂取していかねばならない。
どこまで、手間隙かけさせんねん!!!


そのうえ、今日の22時からお水お茶以外は摂取しないでくださいとの注意書きがある......。

ヲイヲイ???明日の朝にはお腹の中空っぽですぜ?
それで、集合時間の10時までに都内から伊豆まで空っぽのまま来いたぁ〜〜〜どないな了見ですのん??
精細なボクちゃんが途中で貧血になって駅のホームから落ちて、ホームに入ってきた電車に轢かれて即死でもしたら、あぁ〜たらどんな責任を取ってくれますのん???



と、これからも酷使されても十分耐えられるようにオーバーホールのための検査をとの会社の暖かいお心遣いではあるが、ひとえに内視鏡検査を受けたくないがためのボヤキを書き留めただけなのでありました......。



あ゛ぁ〜〜〜こんなことで伊豆まで行きたくねぇ〜なぁ〜〜...(;;)ハラリ。