両親に感謝の気持ちを込めまして


2007年10月13日土曜日、大安吉日。
この日は今後一生忘れられない日というか、忘れてはならない日となるのでありました。
愛しき相方さんと夫婦(めおと)になったのでございます。


我が親族の方々、大変お待たせいたしました......(^^;)ハハハ。
相方さんのご親族の方々、今後よろしくお願いいたしますm(__)m



というワケで、この日、式場に向かう準備でバタバタする中、おそらく両家のご尊父様ご母堂様の形見分けが住むまで、再度顔あわすことが無いであろう熊のぬいぐるみを写真に収めておいたのでありました。


この熊さんたち、いわゆるボクと相方さんそれぞれのご生誕時の体重の重さになっている「体重ベア」(←正式名称はこれでいいのだろうか?)といわれるモン。
それぞれの両親の戸籍を離れ、新たな戸籍を起こす1組のツガイとして、それぞれの両親にこの世に生んでくれたこと、それと二人が出会うまで健康に育てていただいたことに感謝の意を込めまして、結婚式の際にそれぞれのご母堂様に渡しました。



ベアの左足には簡単なメッセージ、右側にはそれぞれの名前と生年月日、生まれたときの体重が刺繍されてます。



持ってく時には紙袋に入れられ、こんなたたずまいに(笑)
結構、この体勢かわいぃ〜なぁ〜と。




ちなみに、ボクも相方さんも結構逞しく生まれたよぉ〜〜〜で、1人分でもけっこう厳しい重さなのに、二つ両手に持つとかなり苦しく、体力の衰えを感じる今日この頃なのでありました......(^^;)ハハハ。



ちなみに、結婚式&親族との会食の方はつつがなく終了し、その日の夜間に婚姻届を提出しに区役所の宿直室へ出向いたのでありました。