読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナガサワオリジナル Kobe INK物語新色


新年早々、初ポチはナガサワ文具センターのオリジナルインク、Kobe INK物語の新色でございました。
このシリーズとしては久々に購入。
今回は基本の青系はもちろんのこと、それ以外に面白そうな色があったんで。

まずは基本の青系から。
いままでこのシリーズには波止場ブルーというのもありましたが、今回は摩耶ラピス。

ラピスという名前から、ラピスラズリ→瑠璃色をイメージしてたンだけど、ちと期待外れ感もあり......。
なんか、波止場ブルーとほとんど変わらない感じなんですよねぇ〜〜〜。
もう少し輝度が高い藍色を期待してたんですが...(^^;)ハハハ。


次は緑系。
緑系のインクはいまんところiroshizukuの深緑をお気に入りにしてるンですが、も少し明るめの緑色が欲しいというわけで。

布引エメラルドと名付けられたこのインク。
画像では青みが強く出てしまってますが、実際はも少し緑色してます。
水彩絵の具のビリジアンを薄めた色というか、青と緑のちょうど中間のような色合いです。


さらに暖色系でオレンジ。
今までこの手の色のインクは無かったンで欲しかった色合い。

生田オレンジ。
オレンジという色はあまり明るすぎたり、黄色がかったりすると、紙に書いた文字が薄く見えてしまい視認性が劣る感じがして、いままで手を出して来なかったんですが、この生田オレンジは赤みがかっており朱色に近いオレンジ色。
紙に書いた文字もくっきりと映えるんで、書いていて気持ちがいぃ〜かもしんない。


最後になかなかいぃ〜色ががなかったピンク。

岡本ピンク。
ピンクらしいピンク色のインクってなかなか無いもんで、この岡本ピンクはクランベリージュースのような色合いのピンクではなく、桃色のようなピンク色。
この手の色も万年筆のインクとしては薄くて視認性が劣るイメージだが、この岡本ピンクも生田オレンジ同様に紙に描いた文字の発色がいぃ〜感じ。
ボクは相方さん絡みのメモはピンクで統一してるんで、これで万年筆でもピンク色でメモが書ける!フハハ。


鮮やかな色合いってもんは同じ文字を書いてても気分が晴れるンで、気分転換をしたい時にはこのKobe INK物語の新色がオススメです!