読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

開運!伊勢神宮参り&伊勢湾クルーズ

ということで、遅ればせながらの夏休み旅行に相方さんと連れ立って行って参りました、明治神宮に続くパワースポット第二弾!
日本人なら一度は行くべきお伊勢参り
生憎の空模様の中、一部雨にたたられましたが、なんとかうちの晴れ女様がしのいでくれました...(^^;)ハハハ。

今回はポケットにabrAsusのノートパッド、バッグにiPadを忍ばせて、どれだけメモを残せるかチャレンジしてみたのです。
思った以上にどちらも機動力があり、iPadはメモ機能さえちゃんと運用できれば来年の手帳としてデジタルメインでいけるかもしれないかも。

トランク | Evernote Corporation
リンク

abrAsus Webサイト
最高のプレミアムノートパッド
この工夫に富んだabrAsusノートパッドがあれば、昔ながらのやり方、ペンと紙でノートを取ることができます。A4の紙を3回折って(八つ折り)表と裏で16ページのメモ用紙として使い、全てのページを書き終えましたら、A4サイズに広げてスキャンもしくは携帯電話やiPhoneなどのスマートフォンで撮影してデジタル保存します。

しかし何と言っても、このノートパッドにはEvernoteプレミアムクーポンが1年間分付いてくるので、単なるEvernote用ノートパッドではなく、最高のEvernoteギフトとしてもぴったりです。

革の加工から、裁断、スキ、縫製、コバ塗りなど全て工程は経験豊富なニッポンの職人さんの熟練の技術によって一つ一つ丁寧に行われています。名刺入れ用ポケット、ペンホルスター、折りたたみノート保管用フラップで構成され、レターサイズ・A4用紙サイズ両用です。 link: Full Article…


というわけで、今回の旅行をabrAsusにメモった時系列に沿ってご紹介!
ちなみに今回のツアーはHISのバスツアーです。


【初日】
06:40 池袋発
池袋からは3組乗車。予定よりも早く出発。
 

 
ちなみにこのHISバス、世界に一台しかないそぉ〜です。そぉ〜いえば、HISって海外旅行は20年以上前からやってるイメージあるけど、国内旅行ってここ数年なんですよね。これからはとバスさんのよぉ〜にバスも何十台ももてるよぉ〜に国内ツアーを充実させるそぉ〜です。
  
07:22 新宿発
今回の旅行は総勢20数名。座席も一つづつ空いていて余裕がある。
なにより婆ぁ〜の団体や五月蝿いガキがいないんで静かにバスの中で過ごせそう。

09:18 PA日本平
トイレ休憩。
  
11:20〜50 PA刈谷 昼食タイム
ボクは豚骨醤油ラーメンランチ、相方さんは味噌カツ定食。
もっとご当地の食べ物があるかと思ったら、普通のパーキング......。これならお弁当のオプションの方がよかったかも。


  

13:20〜14:20 伊勢神宮外宮


亀石。

外宮は五世紀に第21代雄略天皇が創建。
祭神豊受大神。衣食住を始めとする全ての生活・産業の守り神。
なんでもありのスーパーな神様だ!

日本で一番格式が高い神社であるにもかかわらず、御正宮をはじめ敷地内のお宮の作りは昔ながらの茅葺き屋根と檜の木目で飾られているだけの質素な作りであることにびっくりというか、肩すかしを食らう人もいるかもしれない。
が、ボクにはその時代時代にあった様式をとりいれて厳かな体を示すのではなく、この形を厳かに守り通し、なおかつそれを20年毎に作り替え続けていることの様式美に畏れ入ってしまいそぉ〜な感じだった。


外宮と内宮の建物の違いは、屋根にある。
まずは屋根から左右両側に貫く千木。
外宮の千木は屋根は地面に対して垂直に切り落とされている。これは外宮に祭られる豊受大神が地の神であることから地に向かっているのだという。対して内宮の屋根は水平に切り落とされている。これは地の神に対して、天照大神が天の神であることから、天を仰ぐ形を模しているとのこと。
また、屋根の中央に置かれる鰹木の本数。
外宮のお宮はすべて奇数本であり、内宮のお宮は全て偶数本とのこと。
後ひとつ、千木の間にあけられる風穴。
外宮では2個。内宮では2個半明けられている。

以上、ガイドさんからの受け売りです(笑)。


14:45〜15:30 二見夫婦岩 二見興玉神社

バスの途中から雨が本格化。
さすがの晴れ女の相方さんも神通力が効かなかったよぉ〜だ。
横殴りの雨の中、参拝。

海沿いの神社なんで晴れていたらほんと綺麗だったろぉ〜に。

   


16:40 ホテル近鉄アクアヴィラ伊勢志摩到着

HISのHPにあったとおりこのホテルは綺麗!

しかも晴れていたら、オーシャンビューなんで入り江の島々まで見渡せて綺麗だったろぉ〜に.........。
天文館も雨なんで意味ないし.........。
  


  

18:15〜19:00 バイキング@レストランはまなぎ
料理はバイキング形式で全体的に普通。あまりご当地の料理という感じはなかったかも。
和洋中まんべんなくそろっておりました。
蛸の刺身とピンクの杏仁豆腐が美味しかった。

  

  
21:00〜22:00 伊勢志摩温泉ともやまの湯
浴室は露天風呂、大浴場、サウナ。
透明な温泉で主に皮膚、筋肉痛とか普通の温泉の効能です。
露天は晴れてたら星の降る空に囲まれて綺麗そう。



【二日目】

07:00 朝食バイキング@はまなぎ
和洋中のバイキング。

洋食メインで食べすぎました...(^^;)ハハハ。


08:00 ホテル近鉄出発

09:00〜12:00 伊勢神宮内宮参拝&おかげ横丁
まずは、前日の外宮に引き続き伊勢神宮の今度は内宮。
正式名称は皇大神宮
祭神天照大神

境内は巨木でいっぱい。さすが千年以上の歴史を持つだけあり、木々の一つ一つがパワーを放出している感が。
御正宮までの道すがら、ガイドさんの説明の6割は木々の案内だったよぉ〜な...(^^;)ハハハ。

ここは平成25年に建て替えられる敷地だそぉ〜です。


残念ながら、この内宮ではボクらのよぉ〜な下々のものには御正宮を目にすることがかないません。
御正宮には天皇陛下のみ入られることが可能なよぉ〜で、陛下が来られた時のみ御正宮の扉が開き、下々のものもその一端を垣間見ることができるとのこと。

ですが一カ所かろうじて、外側から屋根をチラ見できる箇所があります。

ちなみに、この金色の部分は純金だそぉ〜です。
外宮の説明で書いたよぉ〜に、内宮では、    
屋根の千木は地面に対して水平。
屋根の鰹木は偶数。本殿から10、8、6。
また、風穴といい、内宮では2.5空いている。

ここから、パワーが吹き出ているということなんで、手をかざしてパワーを注入して参りました(笑)

また、内宮では鶏が神の鶏ということで放し飼いされてます。

帰りに日の本一の神様なので、我が家用に開運お守りとお札を購入。


参拝のあと、おかげ横丁を二時間程度散策。

なんでも、いまおかげ横町では招き猫祭だったよぉ〜で各店嗜好を凝らしたメニューがあったりとか...。

料理もみやげも“ネコ”だらけ! 伊勢の“招き猫まつり”って? - Plat - ライブドアブログ
料理もみやげも“ネコ”だらけ! 伊勢の“招き猫まつり”って?
2010年09月25日13:09

9月29日は「来るふく」と洒落で読んで「招き猫の日」なのだとか。“福”を招く招き猫たちへの感謝祭として、9月18日〜29日(水)に、おかげ横丁(三重県伊勢市)では「第16回来る福招き猫まつり」が開催される。今年は、60年周期で伊勢参りのブームが到来するという“おかげ年”に当たり、例年にも増して全国各地から招き猫が伊勢に集っているのだ。
【写真】ウマそ〜なサンマの蒲焼きはコチラ
期間中、招き猫・関連グッズの販売、招き猫作家の作品展示など多くのイベントが行われるが、ここで欠かせないのが、まねき猫まつりに合わせて各店が腕を振るう“限定料理”。登場する全6店の限定料理はすべて、“猫”にちなんだ具材、ネーミングになっている。 link: Full Article…

  
ちゃんとガイドで調べて来ていたら、もっと効率的に回れたかも?

青い開運、ピンクの絆、黄色の金運の招き猫を連れて帰る。
また、伊勢といえば赤福本店!
いちおうどこでも買えますが、せっかくなんで本店で赤福を買ってまいりました。


朝食べすぎたんで、お昼はここで買い食い。
松阪牛の極上牛串1200円!?をはじめ、松阪牛のコロッケ、牛しぐれが入った福まんを食す。

さすがに松阪牛の極上は肉汁&脂が滴ってうまかったです。
  
  
おみやげでは我が家用に、伊勢名物赤福をはじめ、栗きんとん、牛しぐれ、ウニとホタテ煮。
会社用に伊勢海老せんを購入。
  
  
12:10〜12:30 伊勢志摩真珠館

ちなみにこのお城、全部真珠でできているそぉ〜です!?  
  
相方さんに旅行の記念にベビーピンクのスワロフスキーと真珠のブレスレットを購入。
なんか、ブレスレットすきそぉ〜なんだよな。


12:35〜12:50 鳥羽さかなセンター大漁水産
  

水産品・加工品のお店。
そぉ〜いえば、前日の夫婦岩のところにも水産品のお土産屋で干物の味見をさせてもらったけど、真鯵の干物がおどろくほどうまいです。
水揚げの場所的なもんなのか、9月のこの時期だからなのか、身は厚くてふっくらしており、脂がしっかりのっていて激ウマでした。
買って帰りたかったけど、帰りの道中バスの中が魚臭くなりそぉ〜だったんで、断念...(; ;)ハラリ。

  
13:40〜14:35 鳥羽伊良湖フェリー
三重の鳥羽から愛知の伊良湖まで、バスごとフェリー!!!


  
この日はここまでなんとか天気がもってましたが、出向したあたりから雨模様。  
外海というほどでもないのに波が荒く、ボクは面白かったが、相方さんはすっかり船酔い...(^^;)ハハハ。
このあと道中すっかりテンション下がっておりました。


  
  
16:35〜16:55 PA遠州豊田 トイレ休憩

18:30 うなぎまぶし弁当
オプションのお弁当を車中で食す。

浜名湖のうなぎを使ったお弁当。養殖ものではあるが、幅広肉厚でおいしい。


18:55〜19:15 海老名SA トイレ休憩
海老名は儲かっているだけあって、施設が大きく綺麗だ。
すっかり、胃が食べ物要求モードになったため、B1グランプリに出店したという、黄金のポットまさカレーとイモサンデーを買ってしまった。

まさカレーはフランスパンをくり抜いてビーフカレーを注ぎ込み、その上にクリームチーズで蓋をして、表面をバーナーでカリッと焼いたもの。
カレーパンのカレーと違い、普通にカレーにパンをつけて食べてる感じ。
イモサンデーは、さつま芋のスイートポテトとソフトクリームの組み合わせ。  
  
  
20:15 池袋西口着
20:30 我が家到着
予定よりも一時間早めに到着!

今回の旅行の戦利品なのです。

特にお気に入りがおかげ横町で連れてきた三匹の猫。

左から、
恋愛運、子宝に恵まれるピンク招き猫
金運を招く黄招き猫
運が開ける開運を招く青招き猫


東海地方ははじめてだったんでなかなか楽しめる旅でございました。
お疲れさまでした!!