読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今年の抱負をば


新年明けて早々の早朝、私情のもつれでナイフで一突き。ボクは殺人を犯しました...。
もちろん、初夢の話ですが。
明けて二日の早朝、今度は目眩めく手練手管を駆使して陵辱の限りを尽くしていました...。
もちろん、二日目の夢の話ですが。
更に明けて三日の早朝、昨日は動物の後ろ脚の構造を建築構造に適用することを熱く語る大学教授となって大学で講義をしていました...。
もちろん、三日目の夢の話ですが。

初日、二日と殺人欲・快楽欲にまみれた夢を立て続けに見たので、今年ボクは一体どぉ〜なってしまうのか不安に駆られましたが、動物の後ろ脚の専門家というのもチト不安な今日この頃、明けましておめでとうございます。
今年初のエントリーでございます。


秋口からの手帳関連の検索で1日のアクセスうが妙に増えていたこのブログも、年も明けると手帳関連の検索もひと段落のよぉ〜で、ここも以前のような落ち着きを取り戻しつつあるよぉ〜です(笑)

さてさて、今年一発目でもあるンで今回は今年の抱負でも。

今年の抱負というかキーワードは「スローフォアード」でいこうと思うのです。
といっても、ラグビーでいうところのthrow forwardではありません。
「Slow & Forward」ゆっくりと前に!という意味で。

何ごとも、スピード重視にこだわると目的の場所に最速で到達することに拘るあまり、周囲の出来事・景色に目を向ける時間も余裕もなくなってしまいます。
電車で例えると、時間優先で行くなら新幹線が手っ取り早いですが、それだと目的地までの景色を楽しむということは犠牲にせざるを得ません。
鈍行で行くなら時間はタップリかかりますが、土地土地の景色を楽しみながら、ひょっとしたら予想もしなかった出来事に出会う可能性も出てきます。

どちらがいぃ〜かというわけではないですが、今年は鈍行でゆっくりと周囲を見渡しながら、予想外の景色を楽しみつつ、ゆっくりとでも着実に前に進んでいくことと、チト考え方を修正してみようと思ったんです。


この冬になって、日本はともかく世界中で100年に一度の不況などといわれオチオチもしていられない状況のなか、その都度タイムリーに素早い判断をしていかなければ生き残れないのっ!的なプロパガンダが満ち溢れている中、こんな温い事言ってていぃ〜のか?
という感じですが...(^^;)ハハハ。

どうも、年末年始休暇でなにすることなくぼぉ〜っと過ごしている中で思ったのは、昨年1年間あくせくし過ぎてはいなかったか?ちゃんと自分なりに熟考する時間は持てていたのか?ということだったンです。
なにより、自分でもビックリしたのが前回のエントリーの時の集計結果。
読了数的には大体あれくらい読了できれば十分かと思う冊数ではあったものの、そのほとんどがビジネス本。
それまでのほとんどというか、読書の楽しみであったはずの文芸本の数がたったの3冊であったこと。

一番の趣味である読書もなんか自己投資とか、自己啓発とかそういう投資的に意味あると思われる本にばかり気をとられすぎていて、「ゆっくりと時間を漂いながら、文字だけの世界がつむぎだす物語に浸る」ことを「無駄である」と避けていたのではないか?ということにこの数字が気づかせてくれたような気がするのです。


徹底的に無駄を省き、効率化を図って自己投資することももちろん大切ですが、ボクはそれよりも無駄を無駄とも思わず、無駄を楽しむ精神的な余裕をもっていたいなと。
確かに昨年はlifehack系の書籍、中でも時間管理に関する書籍を中心に貪るように読了数を重ねていったものの、振り返ってみたことがあるのか?というとそんな余裕もなかったよぉ〜な。
次から次へと類似の書籍を読み続けて、解の無い解を捜し求めていただけのような気がするのです。

昨年までに得た時間管理の知識で捻出した自分の時間は、今年はもっと無駄なことに費やしてそれを肥やしに新たな知識を生み出せればなと。


そんなこんなで、今年のボクはSlow & Forwardでまいります。