読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

興味から物欲、そして迷走…。(その壱)

f:id:xaymaca:20140922194105j:plain

 

ボクはガジェットというものに魅せられている。
同じ機能を持つ道具であるならば、どぉ〜せならば自分自身で気に入ったものを身の回りに置いておきたい。
お小遣いはなによりガジェット優先。
そんなボクが最近なにやら迷走している………。
ふと気が付くとボクのお小遣いのエンゲル係数は8割を越え、食費でしか楽しみを得られていないよぉ〜な気がするのだっ!?!?
例えばつい先日こんなものが届いた。
iPad Air用のBlueToothキーボードである。
MAGReXのMKA1200のホワイトモデル。


20140920-190255-1
ポリカーボネイト加工でiPad Air ホワイトとよくマッチしており一体感がある。 なにより合体モノのギミックは男子にはたまらないシロモノなのである。
これがあればMacBook Airよりも小さい(が厚みはAirの勝ちである。)持ち歩きMAC代わりになるぢゃん!
これって往年のMacBookのminiサイズ。MacBook miniみたいなもんぢゃん!?ムフゥ〜〜〜っ!
と鼻息荒くなっても良さそうであるが、けしてそぉ〜はならないことは分かりきっている。
なぜなら、iPad Air用のBlueToothキーボードとしてはこれですでに3台目であるからだ。
20140920-190356-2
じゃぁ、これまでの2台はちゃんと面倒見てやっているかというとそういう事態にはなっていない。
数日連れ添って、その後はうちの相方さんに『それみたことかっ!』と言われないように、目につかなさそぉ〜なところに押しやって、何もなかったことに相成っているのである。
外付キーボード好きなボクが学んだことは、ハードウェアキーボードによってiPadの入力が容易になりなんでもできてしまいそぉ〜な気になりがちだが、そんな良い面もあればiPadの長所を外付キーボードは殺すことにもなるのである。
それはなにか? iPadの機動性である。 「サッと出して情報を閲覧、ちょっとした調べ物をする」これに関してはiPadはパソコンやスマホ以上の能力を持っていると思う。
外付けキーボードを装着することで、このサッと出してという機動性が著しく低下してしまうのだ。 iPadを入力デバイスとして割り切る分には問題ないが、この機動性の低下という面でいくら外付キーボード好きといえども日常的に装着して持ち歩くということがボクには出来かねるのである。
そんなわかりきったことであるのに、なぜまた同じ過ちを繰り返しているかというと…。

よぉ〜やく本題です。すいませんm(._.)m
そぉ〜なんです。ボク、ちょっと最近おかしぃ〜のです。
都内にいた頃には、NETでなにかしらオモロそうなガジェット情報を掴むとデジタルだろうとアナログだろうと実店舗での検分とNETの情報を合わせて、イロイロとムフフとほくそ笑みながら楽しみ、そうやって情報収集を図りながら新たなオモロそぉ〜なモノに出会い、それはそれはムフフムフフと本人以外には理解できない楽しみを享受して生きながらえてきたわけです。
それがこちら、金沢に引っ越してきてそぉ〜いうことが可能なフィールドが自分の生活圏内に皆無であるという衝撃。 Loft東急ハンズはまだ我慢してやっても、家電量販店すら郊外に出て行かないとない始末……。
NETの情報以外にブラブラしながら見つけるという手段がないのだっ!? これはガジェット好きには悲しい環境なのである。
物欲は日々積もれど、昇華させられるものがなかなか見出せないストレス…。 ある日たまたま見かけたNETの情報で脊髄反射でポチッとしてしまっても致し方ないのではあるまいか…(^^;)ハハハ。
と言い訳じみたことをツラツラ述べているうちに長くなりそぉ〜なんで、まずはこの辺で。 さらに『ガジェット満足度』の話が次回に続きます(笑)