読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電子書籍を巡る不健全さ

今の出版界が電子書籍ビジネスのつもりでやろうとしていることは、ユーザにとっては駅前商店街の本屋の規模のデジタル本屋を濫造してるようなもん。

なぜ駅前商店街の本屋でビジネスが立ちゆかなくなり、都市部大型書店と郊外型チェーン店にビジネス形態が集約してしまったのか?を真剣に自らに問いかけてた結果とはとても思えない。

そんな出版界の右往左往ブリを横目に、本来の出版ビジネスのことよりも、回線利用増の撒き餌としての電子書籍という観点しかないように見える今のキャリアありきの電子書籍ブームは不健全としか思えない。