読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

西奔北走なゴールデンウィーク

昨年のGWは長距離高速バスに乗り、相方さんの実家である長崎に行ってきたが、今年はゆっくりと関東県内の近いところを旅行することにした。

まずは、4月30日から1泊2日で箱根旅行。
ここのところ毎年のよぉ〜に箱根に行ってる気がするが、でもまだまだ箱根すべてを制覇しているワケではない。
一昨年は宮ノ下・小湧谷を中心に、昨年は強羅〜大湧谷の山方面へ、そして今回は芦ノ湖周辺。

芦ノ湖周辺と行っても、元箱根、箱根町、箱根園、湖尻・桃源台と観光スポットはさまざま。

一口に箱根と言ってもかなりの観光スポットが点在している。ある意味箱根はアミューズメントパークみたいなもんだと実感。


車がない我が家の足は電車orバス。
箱根へは新宿から小田急ロマンスカーで行くことになる。

新宿から約一時間半、終点の箱根湯本で下車し今回は箱根旧街道を歩いてみることにした。

湯本から途中の甘酒茶屋まで登山バスに乗り、甘酒茶屋から元箱根まで。山の中を鎌倉以来の街道を歩く。

基本、山道だが途中途中で石畳の道になる。見た目の風情はよいのだが歩きづらい...(^^;)ハハハ。

元箱根まで約1時間程度。
山を抜けると元箱根港にたどり着く。
丁度お昼時だったんで、港近くの深生そばへ。

ここで食べたのはとろろ定食。
そばもよかったが、長芋ではないジネンジョのとろろが腰がありすごくオイシイ!

昼食の後は元箱根港から遊覧船に乗り箱根園へ。

ここでは箱根園水族館に立ち寄る。規模的にはまぁ〜都内の水族館に比べるまでもないが館内中央の大水槽やサメの水槽はけっこう迫力がある。ってか、なぜその写真を撮ってない!?<自分(笑)

すでに15時近かったんでさっさと遊覧船に乗り、元箱根港に戻る。

途中、芦ノ湖上から見えた今回宿泊した箱根ホテルの外観がこちら。デザイナーズホテルの先駆けらしい。


元箱根港からまた歩きで箱根神社へ。
お目当てはこちらの権現からめもち。品切れ寸前で滑り込みセーフ。

これは五色もちでひだりから粒あん、きな粉、胡麻、のり、大根おろしの5つの味が楽しめる。

朝から湯本〜芦ノ湖を観光してよぉ〜やく夕方日暮れ時に箱根ホテルへチェックイン。
案内されたお部屋がまさにど真ん中で窓の向こうにはえにかいたよぉ〜な富士山が見えた。
たまらずCX3の高感度モードで撮影。

実際はもっと青みがかってるンですが、高感度モードではちょっと赤みがかって写りました。が、かえってそれがきれいにみえたりして。

19時からディナー。久々のフレンチコースです。
メニューはこんな感じ。1万円弱くらいのコースだったかな?

このメニューもCX3の斜め補正モードで撮ったんですが、けっこうちゃんと正面化してくれるモンですなぁ〜。


前菜から一口のお楽しみ。ホタルイカだったかな。

貝類のサラダ仕立てタップナード風味です。

駿河湾産真鯛と小ヤリイカのポワレ、アルグのピュレとジュドグラム。最近コース料理はお肉よりも魚料理の方が楽しみになりました...(^^;)ハハハ。

国産牛サーロインシャリアピン風

フレーズミントムース、苺のテュイルとヴァニラアイス

そして、締めにコーヒーと。大変おいしゅぅ〜ございました。(-人-)


翌朝は朝から快晴で、窓のカーテンを開けると心洗われる景色が。



5月1日はまた箱根町から湯本へ。
まずはホテル近所の箱根町、オルゴール館に行き、箱根と言えば箱根の関所。

すごい久々に訪れましたが、当時の建物が復元されており、施設がかなりちゃんと出来上がってました。

関所の見晴し台から眼下の関所。ちと遊び心でCX3のミニチュアモードで撮影。なんとなく建物がミニチュアっぽくなっているよぉ〜な...。
芦ノ湖最後は箱根町港から元箱根まで海賊船で!


この日は休日入りしたんで前日と違い、エラい混みよぉ〜になってました。

元箱根からは登山バスで箱根湯本に戻り、駅から送迎バスで最後の予定地である箱根ベゴニア園へ。



なんか、最近観光地にベゴニア園て多くなりましたね。温泉地の近くにはかならずベゴニア園が!?みたいな。
ベゴニア自体が大きく見栄えがするんで、ちとした観光にはいいのかも。


と1泊2日で芦ノ湖周辺だけでもかなりお腹いっぱいの箱根旅!
まだまだ箱根には足を踏み入れてないスポットがあるんで、制覇まであと2、3回はかかるかもしれません。





都内に戻り、中一日、一昨日5月3日にはバスにて那須アルパカ牧場に行ってまいりました!
道中の展開についてはすでにTwitterのログがアップされてるんでご覧になってる人もいるかと思いますが、アルパカ以前の高速渋滞が地獄でございました...(^^;)ハハハ。
車のない身としては高速千円なんてどぉ〜でもいぃっ!!!休みの日はもっと快適にすごさせろっ!と言いたいところでございます。

と、遠路遥々ってか新宿からたかが那須まで6時間半かけてついたアルパカ牧場です。


奇妙な体の動物、アルパカさんがいっぱいいらっしゃいます。
ここではアルパカ以外にも一応ダチョウとミニチュアホースもいらっしゃいます。

が、やはりメインはアルパカなんでご紹介するのもアルパカさんばかり...(^^;)ハハハ。
一口にアルパカと言ってもいろんなアルパカさんがいらっしゃいます。






毛色の違いもあれば、顔つきも違います。ヤギみたいな目をしたのもいればくっきりとした馬のような瞳のかたもいらっしゃいます。

今回はHISツアーだったんで、園内でガチャガチャケースに入ったエサをプレゼントにもらいました。
そのケースをふって音をたてると、よってくるくるアルパカさん。本来臆病な性格のよぉ〜ですが、ここの飼いならされたアルパカさんは違います。
奈良公園鹿せんべいを強請る鹿の様によってきます。

アルパカにエサを上げてキャッキャッとテンション上げつつ、ちと遠方をみると我が道をいくアルパカさんたちも。

なんか、彼らの動作をみていると時が止まっているかのような錯覚に陥ります。
一匹動作が止まるとそれにつられて周りのアルパカも同じポーズでじっと止まるんですね。
あくせく働く人間が浅ましく思えるよぉ〜なうらやましぃ〜よぉ〜な。

すると、サンシャイン牧場をやってる人にはわかってもらえそぉ〜な、伝説のアルパカならぬアルバカを発見!?!?

ここまでのアルパカさんたちは大部屋の方々でしたが、いちおう観光地なんで観光客向けのスターなアルパカさんも別枠にいらっしゃいます(笑)

このかたは記念撮影用のアルパカさん。
大部屋の方々と違って、毛も毎日梳かしてもらっているのでしょう。フワフワとしております。
ボクと相方さんもちゃんと記念撮影さしてもらいました(笑)

そんなスターなアルパカさんのなかでもさらに全国区的なCMスターを発見!?
あのミラバケッソのCMで全国的な動物スターになったクラレちゃんこと本名花子ちゃんですっ!!!


ってかかつてCMスターの花子ちゃんの成れの果て!?視界に入って大爆笑してしまいましたが、成れの果てではなくて、ちょうど毛を刈られたばかりのところに出くわしたんですねぇ〜〜。またフサフサの毛になったら、記念撮影隊にさんかすることと思います。


牧場ないではアルパカさんとお散歩タイムを味わうこともできたりします。
ボクらも当然、一緒に散歩してまいりました。
お相手はショコラさん。御年まだ1歳半程度とのことです。


アルパカはやはり独立心というよりも他社依存の高い動物の様で、自分1頭だけだとビビり始めます。が、視界にほかの仲間を認識すると安心するらしく、そいつの後を追ってお散歩に応じてくれるという...(^^;)ハハハ。

6時間半かけて訪れたアルパカ牧場に正味1時間半、あ゛っ!?という間に時間は過ぎ去り、次のポイントお菓子の城にむかいました。
お菓子の城にはお花の城という植物園の併設されており、そこでお花のブローチ作りと園内観光。
この間箱根で見てきたばかりのベゴニアをまた鑑賞することになりました。


う゛ぅ〜ン、やはり温泉地にはベゴニア園なのかっ!?!?


とまぁ、アルパカさんはよかったんですが、なにせ往復の道中が...。
来年のGWは高速千円もなくなり多少はスムーズになるもんなんでしょぉ〜〜〜か?