読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Xperiaにクレードルはいらない!

とまぁ、前回ドコモのXperiaの売り方に非常に疑問に感じるとこまでは書きましたが、Xperia自体には結構愛着を感じ始めてます。
購入以来、いろいろと舐り貪り弄くり回すなかで、iPhoneだったらきっとこんな苦労はしないんだろぉ〜なぁ〜という気は正直あったりもします。
この辺は、ハードウェアとソフトウェアを一体でデザインし、なおかつアプリケーションもアップルの意向で厳格な審査の上で流通させているという垂直統合型の製品と、一オープンなOSをもとにハードウェアメーカーとソフトウェアプログラマーがゆるいコミュニティを形成している製品の違いなんだと思いますが。

まぁ、パソコンで言うとパソコン買ってきてWindowsの設定はなんかよくわかんなくて時間がかかるけど、Macは買ってきてなんやかやしてるうちにあっというまにセットアップが終わってしまうというお手軽さの違いでしょうか...(^^;)ハハハ。


一週間ほど気になるアプリをとりあえずなんでもかんでも放り込んで、弄ってきた後、現在ボクのXperiaのアプリはこんな構成になってます。

【PIM】

  • スケジュール管理 →Calender Pad
  • アドレス帳    →連絡先
  • Todo       →gtask
  • メモ帳      →Evernote

【コミュニケーション】

  • 通話       →電話+Call Track
  • メール      →imoni+デコ美&Gmail
  • Twitter      →Twicca
  • facebook     →facebook

【ウェブ】

  • 情報収集     →Dolphine Browser+Evernote

          →Blue RSS
          →Wiki Mobile

          →カメラ+はてなフォトライフ

【ブログ】

  • エントリ作成   →Gmail

【ファイル】

  • ファイル共有同期  →DropBox
  • ファイル操作    →アストロ

ツール

  • タスク管理     →Advanced Task Killer
  • ホーム画面     →Home++

           →Panda Home
           →Home Swicher
QRコード      →QRコードスキャナー、MYQR

【その他】
音楽プレイヤー    →MixZing
ラジオ        →Raziko、Jazz FM Radio
動画         →Youtube
カメラ        →FxCamera
メモ         →おこづかいメモ
トレーニング     →カーディオトレーナー
交通情報       →乗換案内


いまのところまだ多いんでこれからもっと絞ってシンプルにしたいところですが、どうしてこのアプリケーションになりつつあるかというと、これもまたXperiaならではというかGoogleさんがandroidを世に出した理由になると思いますが、ほとんどがクラウドと直結するアプリケーションなんですね。
それぞれのアプリケーションがネット上のどんなサービスと連携してるかとなると、以下のようになります。

【PIM】

【コミュニケーション】

【ウェブ】

  • 情報収集     →Dolphine Browser+EvernoteEvernote(androidの共有機能でアプリ間の情報連携が可能なため、ブラウザで開いたURLをEvernote上に保存が可能になります。)

          →Blue RSSGoogle Reader
          →Wiki Mobile→Wikipedia

          →カメラ+はてなフォトライフはてなフォトライフ(カメラで撮った画像を自動的にはてなフォトライフの自分の指定フォルダにアップロードしてくれます。)

【ブログ】

  • エントリ作成・投稿→Gmailはてなダイアリー(専用アプリがないため、メールで自分のはてダアドレスに送信して投稿します。)

【ファイル】

  • ファイル共有同期→DropBoxDropBox(まだ公式アプリではないですが、公式PCクライアントと同じようなことは可能です。)
  • ファイル操作→アストロ


とまぁ、こんな感じで。これまでGoogleさんのサービスはGmail以外はほとんど使ってなかったんですが、Xperiaを使っているうちにこれはクラウド上で同期を取った方が便利だということで、ほとんど上記の連携で情報を整理しました。
iPhoneがあくまでiTunesを介してパソコンとの連携を重視しているのと明らかな違いはここでしょう。android端末であるXperiaはネットとの連携を前提に作られています。
そういう意味で、Xperiaはそれ自体でなんとかなってしまう面もあります。ネットブックがなんかいつのまにか廉価版パソコンになってしまったのと違い、よりネットブックの思想を受け継いでいるもんなのではないでしょうか。

そんな意味ではXperiaはパソコンにつながるクレードルはいらないのです。3G、WiFiに直につながってこそのXperiaなのです。
とはいえ、USB端子が上部についているのは充電する上でも頂けないですが...(^^;)ハハハ。

そんなこんなで、ある程度自分がやりたいと思っていたことはXperiaでも可能なことがわかってきて、いまではかなり愛着が沸いてきました。
でも、アプリを入れたり出したりしてるうちにご機嫌麗しぅ〜なくなってかたまってしまうことは難点ですが...(^^;)ハハハ。


今日現在、ボクのXperiaのホーム画面はこんな感じでまとまってます。
実際に使っているのはPandaHomeですが、Home++だと簡単にスクリーンキャプチャーが撮れるんでHome++で撮ってます。


まずはセンターのホーム画面。ここは一番使う機能を集約させてます。おもにコミュニケーション系のアプリ&ウィジェットになります。

Home左はスケジュール管理。Calender Padの週間スケジュールウィジェットを貼付けてます。

Home右はライフ&ツール系のアプリ&ウィジェットになります。


誰でも買ってすぐに使えるというスマートフォンとは言いがたいですが、ガジェット好きには結構たまらないオモチャです。