読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

10min.ちらほらと新作登場

今年の春先にハンズで見かけて即購入し、その後エントリするのを忘れていた商品があった。
10min.だ。

パッと見、付箋紙セットのように見えるが、そのパッケージングが新しい。

中身は厚紙の台紙に4色3タイプの付箋紙のセット。

この10min.の新しさは付箋紙とタイムマネジメントを一つのパッケージとしてまとめたところにある。
手帳での付箋紙の活用はこれまでいくつも紹介されてきているが、付箋紙の目的を時間とタスクの管理のためと明確化して、自分の時間を見える化させる使い方をあらためて提示したのは、目から鱗な商品なのだ。

思えば、ボクが本格的に手帳でセルフマネジメントを始めた当初は、アポだけでなく只ひたすら手帳に自分の時間の使い方をメモしていった。
それまで、仕事でもプライベートでも目の前のタスクをこなしていくうちに時間が過ぎていくだけで、意識して時間を消費しようなどという発想は全くなかったんで...(^^;)ハハハ。。
マネジメントなんて大層なことを考える前に、まずは自分はどのように1日24時間を使っているのか把握しようと思ったのだ。

ちょうど、世間的にはアクションプランナーやクォバディスが知られるようになり、バーチカルタイプのレイアウトが流行りつつあった。
これまでの手帳のレイアウトとは違うこのバーチカルタイプのレイアウトは一週間単位で時間を縦にも横にも見渡せるところが画期的だった。

これで、自分が一日何をしているのかまずは何も考えずにすべて書き込んでいけば、一週間の自分の時間の使い方が俯瞰できる。
最初の一ヶ月はとにかくすべて書き込んで行き、そのデータを下に自分の時間の使い方がどうなっているのか?
まずは無駄だと思われる時間、集中して取り組んでいた時間、ダラダラやってたんで結果的に残業になっている時間を把握し、今度は予めスケジューリングした上で取り組んだとしたらどれだけ、可処分時間が増えるのかシミュレーションしたりして、といったことを考えながらなんやかやと今のスタイルに落ち着いている。

と、話しがズレたが何はともあれこの10min.を効果的に使うためにはまずは自分の1日24時間の時間の使い方を把握してみて、ちょっと反省した上で10min.で1日のスケジュールを組み立てるほうがいいかもなと思う。

ボクは社会人になって後輩・部下の面倒を見るようになってから目覚めたが、本当は新入社員のころから、セルフマネジメントというものを意識していくのが望ましいと思う。
けして無駄どころか、必要不可欠なスキルだし。

って、まぁ人それぞれだから本人が必要性を感じないと身に付かないものではあるが...。
実際、春に2年目社員に試しに10min.をあげたが使っているように見えないし(T^T)。


ということで、社会人になった若人から管理職まで、自分の時間を自ら作り出すツールとしてオススメな10min.に新作が登場してました!

まずは10min.HARD。

まるで赤モレスキンのような佇まい。通常版10min.はちょっと厚めの本体なんで文房具程度にしか見えなかったが、この10min.HARDはモレスキンのようなシッカリした表紙にちゃっかりとゴムバンドまでついていて、文房具というよりガジェットとしての魅力大なのだ。


中は本体と「テンミニッツの使い方」とパンフレットが入っている。


本体のレイアウトは通常版と同様。
一番左のページが、タイムテーブル。
真ん中が、Today'S Work List&Memo欄。
右ページがOther Work List。


これは結構10min.使いには嬉しぃ〜ンじゃなかろうか?付箋紙リフィルが発売されていた。
さらに、春先に出ていたバージョンでは30min用の付箋紙がタイムテーブルの30分の幅より広く、実際に1時間枠に2つの30min付箋が貼れない状態だったが、現行バージョンはちゃんと30分枠にあわせて幅が改良されている。


この付箋紙リフィルは本体台紙から剥がして、新しいのを貼り付けるという交換方式だ。
リフィルの裏面には両面テープが貼られている。


これは新しい周辺商品、マイポジション。
なにがマイポジションかというと10min.のポジションを固定するための商品だから(笑)
ようはマグネットなので、10min。本体と手帳にこのマイポジションを貼り、手帳と10minを連携させて使用しましょうというメーカーからの提案商品なのだ。


マイポジションの使い方だそうです。

ある意味というか当然のことながら、スケジュール管理を手帳に任せているならあとはタスク管理と当日のタイムマネジメントをこの10min.で実行すれば一通りのことはできてしまう。
結構、綴じ手帳+10min.の組み合わせは荷物にもならないし、使い勝手も効果も高いのではないだろか?

ちなみに、綴じ手帳と組み合わせるなら、WICサイズのモノがベターかも。

写真はLETTSの手帳だがWICサイズのものだ。

が、10min.を手帳にはさんで使う場合、ちと考えたほうがいい。

10min.HARDだとこな風に膨らみきってしまうのでかっこ悪い。


挟むなら通常版の方がよいかも。

手帳に挟んでこな風に、

システム手帳派はポケットにでも挟み込んでおく程度でよいかも。


と、個人的には10min.の可能性は高く評価するんだけど、なにせボクの場合システム手帳でデイリーリフィルを使用してるんでなかなか10min.の出番がないかも...(^^;)ハハハ。