読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初恋の人からの手紙


初恋の人からまぁ〜さんへお手紙が届きました。

まぁ〜さん、元気にしてる?
今でも長ズボンの丈は微妙に短いままですか?洗濯で縮んだって必死に言い訳していたまぁ〜さんをなつかしく思います。

泣きじゃくる私にまぁ〜さんが「別れても連絡するから大丈夫だよ」と慰めつつパッタリ連絡が来なくなったあの日から、もう25年が経ったのですね。月日が流れるのは早いものです。

あ、そうそう、お手紙を書いたのは何か理由があるわけではないんです。ひさびさに友達に会ったときにまぁ〜さんの話題になってなつかしかったので、思いつくままに手紙でも書こうかなって。

今考えると、私ってまぁ〜さんに対してひどいことばかりしたなぁと思います(汗)。まぁ〜さんはいつも私のこと包んでいてくれたのに、私は臆病で心を開けなかったし、「まぁ〜さんはどうせ私のカラダ目当てじゃない!」なんて暴言を吐いていましたよね。それは事実としても、もっと他の言い方がなかったものかなぁと反省しています。

私はともかくまぁ〜さんにとっては初恋の相手が私だったんですよね。そうそう、最初のころのまぁ〜さんは、手をつないだときに手汗をびっしょりかいていましたね。家に帰ってからすぐ洗ったけど、まぁ〜さんが幸せそうだったからそれでいいんです(笑)。

告白するときのまぁ〜さんは、必死で「一生大事にするから」とか酔っ払ったことを言っていましたね。とても嬉しかったのですが、お別れしたときには、やっぱり詐欺だったなぁと思ったものです。後先考えないところはまぁ〜さんらしいとも思いました。

総括するなら、まぁ〜さんと付き合えたことは、とても感謝しています。特にまぁ〜さんとの恋愛から学べた重要なことは、あまり人に期待しすぎてはいけないということでした。一人で生きられるようになることの大事さを教えてもらえたと思っています。ありがとう。

いろいろ書きましたが、私はまぁ〜さんが大好きでした。これからもまぁ〜さんらしさを大切に、あと当時本気でやっていたパントマイムの練習は続けて(笑)、いつか幸せになってください。

またいつか会いましょう。では。

P.S. 将来マッチョになるって言ってましたよね?どうなりましたか?


「初恋の人からの手紙」

ということで、本物の初恋の人からお手紙いただいたわけではございません。
「初恋の人からの手紙」というWebサービスなんてもんがあるんですね...(^^;)ハハハ。
ほんとに来てたら嬉しいというよりも、ある意味何故今になって!?と警戒心が先だって恐怖に震えあがる今日この頃です。


実際にこのようなお手紙をいただいたとしたら、ボクはどのような返事を書くのでしょうか?
ちと考えてみました。


拝啓 突然のお手紙、びっくり半分懐かしさ半分で、久々に当時のセピア色の思い出が天然色の色合いになって目の前に浮かんできました。
お元気そうでなによりです。

さて、貴方のお手紙を拝見しつつ当時の思い出を振り返っているうちにいくつかお互いに記憶の食い違いがあるように思われ......。
正すべきところは正しておいたほうがよかろうと思い、ボクも一筆したためることにしました。


「今でも長ズボンの丈は微妙に短いままですか?洗濯で縮んだって必死に言い訳していたまぁ〜さんをなつかしく思います。」

DCブランドブームのころは、短めのパンツにホーキンズのかん太靴というスタイルにこだわっていたボクですが、それはお付き合いしていた頃よりもさらに先の高校時代の話。
おそらく、たまたま高校当時近所の本屋で出くわした時の会話と取り違えてませんか?


「泣きじゃくる私にまぁ〜さんが「別れても連絡するから大丈夫だよ」と慰めつつパッタリ連絡が来なくなったあの日から、もう25年が経ったのですね。月日が流れるのは早いものです。」

「バッタリと連絡が来なくなったあの日から」とまるでボクが非道な仕打ちをしていたかのような印象を持たれているようですが、そもそも引っ越し先の電話番号も住所も教えてくれなかったのは○○○ちゃん、貴女です。
それでは、連絡しようにも連絡する術がボクにはありません。
しかも、「25年が経った」とおっしゃいますが、そもそもこの時間感覚がズレてます。
まるで、中坊時代の淡い思春期の恋を想定しているようですが、ボクと○○○ちゃんの初恋は小学校2年生のころのことでしたよね?(笑)
同じ幼稚園で出会い、小学校2年に上がる時のクラス替えで同じクラスになり、テンションが上がった二人は萌え滾る衝動を抑えきれず、結婚の約束をしました。担任の先生やクラスメイトの前でも憚ることなく文字通り手を取り学校中を闊歩していた小学2年生......(遠い目)。
そんな二人の初恋からもう33年の歳月が流れようとしています。
といっても、貴女からお手紙もらうまでボクもすっかり忘却の彼方に追いやっておりましたが。


そういった意味ではこれも記憶が改竄されています。
「まぁ〜さんはいつも私のこと包んでいてくれたのに、私は臆病で心を開けなかったし、「まぁ〜さんはどうせ私のカラダ目当てじゃない!」なんて暴言を吐いていましたよね。それは事実としても、もっと他の言い方がなかったものかなぁと反省しています。」
小学2年で婚約者を得たボクですが、さすがに当時貴女のカラダを目当てにするほどエロ男爵ではありません。当時から10年後のボクならばいざ知れず、当時はまだ赤ちゃんの作り方すら知らない穢れなき清らかな心を持つ少年でした。
ボクが日に日に穢れていくのは第二次性徴期を迎え、体毛にチリ毛が混じるようになったころからです。
直毛ではないチリ毛を見て、嗚呼......ボクの体がエロ化するとともに精神も穢れていくのか......と途方にくれて、夜の電燈に群がる虫のようにピンクのネオンサインに惹かれるようになるのもこのころです。

あ゛っ!?余計な邂逅に耽ってしまいました。すいません。


「家に帰ってからすぐ洗ったけど、まぁ〜さんが幸せそうだったからそれでいいんです(笑)。」
そういって、話の流れでさりげなく非難するところは変わってませんね?猫顔の○○○ちゃんらしい性格だと思います。
あれから今日まで何人の下僕の屍を乗り越えて生きてこられたのでありましょうか?


「告白するときのまぁ〜さんは、必死で「一生大事にするから」とか酔っ払ったことを言っていましたね。とても嬉しかったのですが、お別れしたときには、やっぱり詐欺だったなぁと思ったものです。後先考えないところはまぁ〜さんらしいとも思いました。」
小学2年のボクとしては純真無垢な気持ちで告白したつもりです。「詐欺」とおっしゃいますが連絡先すら教えずに引っ越していってしまった貴女のほうがよっぽど詐欺だと思います。
貴女が去った後の教室でどれだけボクが小馬鹿にされた視線の集中砲火にまみれることになったか......。
貴女とは初恋を経験しましたが、ともに初女性不審も経験させていただきました。
その後、心身ともにエロに穢されて行きましたが、当時の教訓からずいぶんと女性に対して慎重に事を運ぶようになりましたよ。
「総括するなら、まぁ〜さんと付き合えたことは、とても感謝しています。」
そういう意味ではボクも大変感謝しております。


「いろいろ書きましたが、私はまぁ〜さんが大好きでした。これからもまぁ〜さんらしさを大切に、あと当時本気でやっていたパントマイムの練習は続けて(笑)、いつか幸せになってください。」
いわれなくても、当時も今も自然体で生きてます。
ってか、小学2年で本気でパントマイムなんてやってないしっ!


「またいつか会いましょう。では。」
所詮、社交辞令でしょうが、例え当時の同窓会が開かれたとしても会うつもりはございません。
どうか、これ以上人を困惑させるお手紙はお出しにならないよう、よくよくご自分が書いた文面を考察した上で出されたほうがよろしかろうと思います。
もう、充分大人すぎるほど大人な年齢なのですから......。
暇を持て余したからといって、他人の迷惑にならないようにお過ごしください。
人生、平穏が一番です。


敬具



ちなみに、この『初恋の人からの手紙』ですが、恋愛分析なんて余計なことまでしてくれます。
まぁ〜さんについての分析結果は以下の通り。
ホントにこんな恋愛強者であったなら、どれだけモテな人生を送れたことか.........(T^T)。

【短評】
しっかり者であり、リーダー気質。女性を引っ張るタイプだが、配慮もできる。ただし弱味を見せない。
【あなたの恋愛事情を考察】
まぁ〜さんは基本的に、ふられるよりはふる側になることが多いと思います。ふられる側になることがあるとしても、まぁ〜さんの気持ちが分からなくなった相手が、不安のあまり自ら逃げ出すような形でしょう。

まぁ〜さんは、わりと恋愛において「強者」の側にいるのだと思います。また人に頼られるのは好きでも、何事も相手に頼ったり任せたりするのはあまり好きではないのではないでしょうか。それが相手を不安にさせるのです。「私、いる意味あるのかな」と。

ここから言える、まぁ〜さんにありそうな問題点を列挙します。

◆隙や弱味を見せないことで相手に不安を抱かせる。
◆初対面でオーラはあるがとっつきにくい。かわいげがない。
◆相手からするとまぁ〜さんの気持ちが分からない。
◆結果として相手が不安になり、ネガティブになる。まぁ〜さんはそれを重苦しく感じる。