読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お米15kgおろしてみました。


ボクは一ヶ月に一度、近所のスポーツクラブの「健康プラス」というサービスで体組成を測定してもらっている。
昨年の5月から測定を始めて、今月で11回目。
来月でほぼ一年になる。

そんな今回の結果、ついに体重が70kg台の大台を下回り、69kg台に突入していた。
体脂肪率と筋肉量から判定する体型判定でも、ここ数ヶ月は肥満型と標準型の境をウロウロしてたが、ついに大きく標準型に入り込む結果となっていた。


一年前の今頃とくらべると、隔世の感がある...(^^;)ハハハ。
ちょうど一年前の今頃は、近所の二郎系ラーメンの完食に闘志を燃やして戦いの日々だったこともあり、精神的な満足感と引き換えにボクの体は大きな代償......いや、増加した脂肪を身にまとう結果となっていた。
おそらく、MAXで84kg台までいっていたはずである。
これではいかんと昨年の5月からダイエットを始めたときの最初の健康プラスの測定時が81kg。脂肪は体中、体幹部・両手・両足満遍なく標準オーバーで身にまとっており、体型測定は完全に肥満型の結果だった。


去年の今頃と比べると、ほぼ15kgからだから脂肪を取り除いたことになる。
15kgというと家族用のお米10kgと一人暮らし用の1/2サイズの5kgをそれぞれ体に担いでいる状態から、それをおろした感覚ということだ。
満遍なく付いていた脂肪が15kgなくなりましたよ!
といってもイメージ沸かないが、
担いでいたお米15kg分をおろしてみました!!
とイメージすると、なんて重い荷物をこれまで背負って歩いてたのか!?ということに驚かされた...(^^;)ハハハ。


先日、リクルート活動時(バブルの世代には「就活」なんて言葉はなかったのだ)に、わざわざ自分の体型に合わせてジャストサイズに作ってもらったオーダースーツを10年ぶりくらいに押入れから引っ張り出してみた。
入社、1年目後半にはすでに着られなくなっていたスーツである。

袖を通してみると、久々に体にフィットする感覚......。
やはり、自分の体にあわせて仕立てたスーツは気持ちがいいものだ。
ということは、現在とりあえず大学4年の春先くらいの体型には戻ったということか。

今の状態でも問題はないが、どうせここまで絞ったのならもう少し絞ってみようかと。
せめて、座った時にお腹の脂肪が横に割れないくらいには一度でイィ〜からなってみたいものなのだッ!(笑)