読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一週間コンパスの保管方法


今週はDate Your Dreamの1日1ページのデイリースケジュールで平日を過ごしてみたのでありました。

バインダー内のリフィルの構成は12月7日のエントリーの通り、

  • 情報リフィル:ミッションステートメント、会社のヴィジョン、自分の価値観 等々数枚
  • イヤープランニングリフィル:1年分
  • マンスリーリフィル:半期分(6ヶ月)
  • マンスリータスク&ゴール:当該月分(1ヶ月)
  • ウィークリーリフィル(バーチカル):四半期分(3ヶ月)
  • デイリーリフィル(1日1ページ):1ヶ月分
  • 一週間コンパス:当該週分
  • メモリフィル:10枚程度

ちょうど、11mmリングのバインダーで収まる程度の量。
手帳を2つ持ち歩くのに比べて、ずいぶんとスッキリし、使い方もやはり一つにまとめたほうがボクには使いやすいよぉ〜でした...(^^;)ハハハ。

DYDのウィークリースケジュールとデイリースケジュールの使い勝手もよく、特にデイリーについてはしばらくフランクリン・プランナーの1日2ページになれてたんで、スペース足りんのでは?と思っていたものの普通に使用する分には特に問題ないことがわかりました。
特別に書きたいことがたまってる時には、メモリフィルを追加したり、付箋紙を貼り付けることでどぉ〜にでも代替策をこうじられると。
下手に特に書くことがなくて、白紙のままのページが続いて強迫観念に襲われるよりもいぃ〜のかもしれません(笑)


ということで、このリフィル構成で満足してはいるのですが、1点問題が。
「計画」と「記録」のページをリンクさせることで「一週間コンパス」の意味を考えさせられたんですが、そのおかげでこの一週間コンパスの保管ということを考えるよぉ〜になったんです。

というのも、使ってない人にはよくわからない話ですが、「一週間コンパス」ってただの短冊タイプの栞のような形状なんですね。
ただ、それだけ。
それを、ページファインダーというバインダーの栞に差し込んで使用するわけです。
だから、当該週が過ぎると次の週の新しい一週間コンパスに取り替えていく使い方になります。

いままで、そんなに一週間コンパスに執着してなかったんで、新しいのに変えたら不通に捨てたりしてたんですが、今の使い方ではウィークリータスクの管理もかねてるんで、なかなか捨てるのは忍びない......。

別のノートに貼り付けて保管するのも、せっかくシステム手帳で統一してるのにかっこ悪いし。
どうせなら、ウィークリースケジュールリフィルと一緒に保存バインダーに綴じて保管したいよなぁ〜と思い、Loftのリフィルコーナーを覗いていたら、いぃ〜のがありました!

ASHFORDのアシスタントホールです。

[asin:B001MVILUW:detail]

もともと、資料とかを穴を開けずにバインダーに綴じるためのモノのようで。
薄い穴あきの細長いプラスチック板の端5mm程度のところがシールになってます。
そこに綴じておきたい資料の端を貼り付けて、あとはバインダーに綴じておくだけ。

ちなみに一週間コンパスはバイブルサイズのリフィルの長さよりも上下5mm程度短いので、アシスタントホールのその余分な箇所を予めカッターで切っておくと、後々貼るときに便利です。

一週間コンパスに貼り付けるとこんな具合に。

一週間のお役目が終わったらページファインダーから出して、このようにアシスタントホールに貼り付けて、あとは当該週のウィークリースケジュールリフィルのところに綴じておくと。

こうして保管することで、後々「記録」としてその週ウィークリースケジュールと一週間コンパスを見ながら行動記録を参照することが可能になります。


フランクリン使いの方で、一週間コンパスの保管方法に難儀している方々にこのアシスタントホールはオススメです。