読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新しいフォーメーションを準備


早いモンでもぉ〜明日から12月。
手帳によっては12月から始められるモノもある。特に今までと違ったフォーマットの手帳を購入した人は早くも12月から手帳替えをするシーズンだ。

今月に入って、手帳を『「計画」と「記録」で使い分ける』ということについて考えはじめてから、具体的に来年の手帳をどうするかいろいろと検討してきた。
その経緯は、今月のエントリーの通り。
今までのフランクリン・プランナー的な手帳の使い方を前提として、とりあえずフランクリン・プランナーのスリムノートとシステム手帳で回してみよぉ〜ということに至った。

フランクリン・プランナーのスリムノートも12月から使用することができる。最近EMOneを再び持ち歩き出したこともあり、早いとこ手帳も切り替えようと明日からボクも新しい手帳に切り替えるつもりなのだ。
もう一つのバインダー手帳の方はフランクリン・プランナーのユニバーサルリフィルなのだが、こちらは4月始まりのリフィルを春に購入したんでまだ3月までリフィルが残っている。
とはいえ、せっかく手帳を切り替えるのにもう一方はそのままというのもなんか気持ちが悪い...(^^;)ハハハ。
また、フランクリン・プランナーのコンパクト版のリフィルを通常のバイブルサイズのバインダーに綴じるのも、けっこう幅がギリギリな感じなンで気になる時は気になってしまう。
フォーマット的にはこのリフィルが一番あっていると思うのだが、正直他のリフィルに比べて値段も高い...(^^;)ハハハ。

これは、まだ検討の余地があると思い再検討を始めたところ、意外と似通った使い方ができそうなリフィルが見つかった。
軽量化+十分なスペースを第一として選んだリフィルは、和民の社長の手帳「Date Your Dream」フリーデイリースケジュールリフィル。

[rakuten:techou:655170:detail]

正直なところ社長さんの夢系第4世代手帳って使わず嫌いでなんか敬遠してた。
が、このレイメイの紙はトモエリバーであることとほとんどフランクリン・プランナーのデイリーリフィルと同様な使い方ができることから試してみるのにはいぃ〜かなと。
それに時間軸ができるだけ幅広いフォーマットで1日2ページのデイリーリフィルってなかなかないもんなんですね...(^^;)ハハハ。
とにかく日付無しなんでしばらく使ってみて、ダメだったら元のフランクリン・プランナーのリフィルにも戻せるかと(3月までなら)。

フランクリン・プランナーのリフィルは左ページにスケジュール&タスク、右ページにフリーメモなんであまりメモを取らないと右ページが真っ白な日もあったりする。
この「Date Your Dream」フリーデイリースケジュールリフィルのフォーマットだと左ページにスケジュール、タスク&メモという使い方ができる。
左ページのスケジュール欄が広く使えるんで、今までのようにユビキタスキャプチャーを単に予定・実施記録の項目だけ記録するだけでなく、項目の横に感想とか関連項目とかフリーメモ替わりに使用可能だ。
右ページは方眼メモ欄と罫線メモ欄となっているんで、方眼メモ欄はタスクリストに使用。罫線メモ欄はフリーメモスペースで使用。

意外とこのフォーマットはライフログを記録するという意味ではフランクリン・プランナーのリフィルよりも使い勝手がいいかもしれない。
でも、日付を手書きで入れるのもなんかカッコ悪いンで、プリンターで12月分だけ印刷することにした。

日付が入るだけで結構市販品のような雰囲気が出てくるもんだ(笑)

デイリーの他に一応マンスリースケジュールも用意。
これも同じくレイメイのダビンチの月曜始まり日付入りのマンスリースケジュールリフィルとした。

この他、今までフランクリンのバインダーに綴じていた情報リフィルをバイブルサイズのメモリフィルに印刷しなおす。


これで一番、軽量化を図る時にはジャストリフィルサイズのバインダーに綴じれば、スリムノートの一回り大きなサイズくらいな感じで収まる。
「Date Your Dream」フリーデイリースケジュールリフィルが意外と使い勝手よさげなフォーマットなんで、システム手帳はますます「記録」向けの使い方ができそうだ。


とりあえず、明日からしばらくはこの2つの手帳で使い分けてみよぉ〜かな。