読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スリムノートとシステム手帳の役割分担


このブログのエントリーで初めて「フランクリン・プランナー」関連に触れたのが今年の三月。
以来、今まで16エントリーくらいでフランクリン・プランナーについて触れている。


この季節は時節柄、手帳関連でこの泡沫ブログを訪れてくれる人が多くなる。
ちと気になってGoogle Analyticsで「フランクリン」を含むキーワードでアクセス数を調べてみたら、先月あたりからやたらとフランクリン関連のキーワードでここを訪れてくる人が増えている。
ちなみに、Google経由の統計ではあるが、「フランクリン」がらみで今年の3月は3アクセス...(^^;)ハハハ。
さすが、初めてのエントリーだし(笑)
その後もせいぜい月に30アクセス前後といったところが、9月になると60台に倍増している。
10月にはさらに5倍となり330台のアクセス数となっていた。

ボクがフランクリン・プランナーに興味を持った頃はあまりブログで集められるエントリーもなくて、なんで売り場ではあんなに幅取っているフランクリンなのに、ネット上では情報が少ないんだろ?と思ってましたが、ボクのエントリーが少しでも選択のお役に立てられるのであれば幸いなのです(笑)


ところで、はてなカウンターでは?とこちらもあまり統計機能がないところをむりやり集計してみた。とはいえ、すでに9月までの情報は消え去っていたんで10月以降の情報しかないんですが......。

はてなカウンターでは10月のフランクリン関係のキーワードでのアクセスが420台、11月はまだつき半ばのところで310台のアクセスがある模様。

来月にかけて、来年の手帳選びもラストスパートになると思うんで是非フランクリン・プランナーを検討の一つに加えてはいかがでしょうか?なんてな。


そんなこんなで、とりあえず来年の手帳を決めてみたのが前回の話し。

フランクリンプランナーのスリムノートと同じくフランクリンのデイリーリフィルを使ったシステム手帳。
この2足の草鞋ならぬ2つの手帳にそれぞれ役割分担させて運用しようと考えている。
いつもながらの出先専用小回り重視型と母艦という役割ではなく、機能・役割をそれぞれに持たせて、2つあわせて1人前!という運用方法だ。


それぞれの構成はこんな感じ。

【スリムノート】

  • 「人生は手帳で変わる」スリムノート本体

     月間カレンダー1年分(スケジュール、月間タスク&目標)
     週間バーチカル1年分(スケジュール、週間タスク、一週間コンパス)

  • コンパクトサテライト5mmカット版(メモ、ノート)
  • 付箋紙セット
  • 5×3情報カード数枚(メモ、ノート)


【システム手帳(バイブルサイズ)】

     月間カレンダー(スケジュール、月間タスク&目標)
     1日2ページリフィル(ユビキタスキャプチャー、デイリータスク、メモ)

  • 一週間コンパス
  • ノートリフィル数枚(メモ、ノート)


それぞれ中身はこんな内容にしようと思っている。
前々回の「計画」と「記録」という観点ではどちらかというとスリムノートは「計画」寄り、システム手帳は「記録」よりかもしれないが、どちらかが一方と明確には分かれない。


この2つの実際の運用フローはこんな感じになると思う。

【スケジュール&タスク管理】

  1. 未来のスケジュールが見えたらスリムノートの月間カレンダー&週間バーチカルに記入(未来の「計画」を管理)
  2. 翌月分のマンスリープランニングの際に、スリムノートの月間カレンダー上の予定をシステム手帳の月間リフィルに転記し、その月の月間目標と月間タスクを記入。
  3. 翌週分のウィークリープランニングの際にはシステム手帳上の月間目標&タスクをブレイクダウンしながら、スリムノートの週間バーチカルに「家庭」、「仕事」、「自分」の色分けをしながら週間タスクを記入。
  4. システム手帳の栞代わりとなる一週間コンパスに今週の「刃を研ぐ」と「役割」を記入し、スリムノートの週間バーチカル上の一週間コンパス欄にも転記
  5. また、スリムノート上の週間予定をシステム手帳のデイリーリフィルに転記
  6. 日々の確認では、デイリーリフィル上のスケジュール確認とスリムノート上の週間タスクからその日実行するタスクをデイリーリフィルに記入。
  7. その日の行動はシステム手帳上のスケジュール欄にユビキタスキャプチャーし、行動を記録
  8. 一日の振り返りの際にシステム手帳上のユビキタスキャプチャーの内容をスリムノートの週間バーチカルに「家庭」、「仕事」、「自分」の色分けをしながら転記。


【メモ・ノートの管理】

  1. 記録はシステム手帳を原則とし、その日の仕事上のメモや、個人的な思い付きなどはシステム手帳上のメモリフィルに記入し、当該日付のデイリーリフィルの箇所に綴じる。
  2. システム手帳持ち歩けない場合は、スリムノートのコンパクトサテライトにメモを記入しておき、後日システム手帳の当該日付にそのメモリフィルを綴じなおす。
  3. メモについてはシステム手帳に時系列&一元化を図る。


こんな感じの運用なのかな。
めんどい転記作業は週間バーチカルとデイリーリフィル&一週間コンパスの間になるが、これは今でもやっていることなんで特に負荷がかかるというわけではないと思う。


最近、システム手帳のバインダが重くてEeePCを持ち出す機会がすっかり減ってしまったんで、この運用がちゃんとまわればスリムノート+EeePCの組み合わせで持ち歩けるかな?(笑)