読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ついに自作の道に踏み込んでしまいました...-トラベラーズノート編-


よぉ〜やく溜まったネタもハケて実際のペースに近づいてきたのでありました。
前回のエントリーをid:akizukidさんのとこで紹介していただいた影響でここ数日グンッ!とカウンターが跳ね上がりました(笑)
トラベラーズノートをカスタマイズできる人がうらやましい−シリアル・ポップな日々

さすがにWEBで連載をもたれてる方だと影響も大きいなぁ〜と。感謝感謝ですm(__)m



そんなこんなで、市販のトラベラーズノートを改造して1週間使ってみたわけですが、やはりバタフライストッパーがついていると使いやすい!
まぁ、これもほぼ日手帳に慣れきってしまっているからかもしれませんが...(^^;)ハハハ。

となると更なる欲望が頭を持ち上げてくるのです。もう、ボクの理性でマウントを取ることが可能な状況にはありません。


元来、厭き症なボクが何年もほぼ日手帳を使い続けられたのは、カバーを取り替えることで気分的に常に新鮮味を感じられる点が大きかったのです。
トラベラーズノートもとりあえず他に限定ホワイトの本体はあるものの、も少し違うのも欲しいぃ〜なぁ〜と。
使い勝手はこの改造版と同じにしたいなぁ〜ってな要求を満たすとなると、もぉ〜作ってしまうより他に策はありません。



ということで、この間の週末に今度は1から作ってしまいました(笑)


トラベラーズノート・バタフライストッパー付き、ほぼA5「Red edition」なのですッ!


トラベラーズノートユーザーくらいしかわからないと思いますが、この限定「赤」の最大の変更点は本体サイズをほぼA5にしてみたところです。

理由はただ一つ。
ペンケース持ち歩くのもめんどいし、最低3本くらいはペンを挿して持ち歩きたいよなぁ〜〜〜と。

そんな欲望の赴くままにリフィールを挿してあまった部分に3本くらいペンが挿せるくらいのスペースを確保したら、たまたまほぼA5になってました......(^^)ハハハ。
も゛ぉ〜作ることでハァ〜ハァ〜してるので、この辺の実測はかなり適当なのです(笑)


表紙にはワンポイントでハート型のコンチョを追加。
表紙を開けて本体左側には名刺や、付箋紙を挿めるように純正ポケットシール(小)を貼り付けてます。
ちなみに、付箋はほぼ日の付箋を入れてます。


収納力をある程度カバーするためにジッパーケース&名刺ファイルを。
書類入れの機能UPをはかり、「超」整理手帳のカンガルーホルダもいちおう挿してます。
このカンガルーホルダにもペンホルダーがついてるんで、ここにもペンを収納が可能だったり。


本体右側には純正ポケットシール(大)を貼り付け、一時的な紙の類の保管場所を想定してます。
ちょっとした工夫点が実は写真では分かりづらいンですが...(^^;)ハハハ。
この右側のストッパー部は本体取り付け部分の左側も内側に織り込んで空間を作っており、そこにペンクリップが差し込めるようなペンホルダーの機能を作っています。
写真ではその部分にペリカンM320とパーカーペンシルのクリップが刺さっている状態です。


リフィールを固定するためのゴムは、本体色の「赤」とのコントラストを図り「ターコイズ」っぽいゴム紐を3本通しました。


意外と苦労したのが、純正トラベラーズだとボコッとでている栞&ゴム紐留めの部分です。
純正だとどぉ〜しても野暮ったさ感を出すにはいいものの、スタイリッシュとはいえない留め具をどぉ〜にかならんもんか?
と考え、普通のゴム留めでさっぱりさせてみました。
ここには栞を2本分通してます。


ゴム紐3本なんで、リフィールを2冊ひと組でゴムで括り、それを本体のゴム紐に通すことにより、最大6冊分のリフィール搭載が可能ですが、そこまで入れる必要はおそらくないでしょう(笑)

とりあえず、
・月間ダイアリー&週間ダイアリー
・日記リフィール
・ジッパーケース&名刺ファイル
で本体のゴム紐3本を使用してます。


これに、今のところ、
・Multi8
・パーカーペンシル
モンブラン264(インク:極黒)
・サイドリバー限定プロフェッショナルギアスリム(インク:色雫「朝顔」)
・ストッパー役にラミー2000の4色ボールペン

といった構成で今週から使用開始しています。



なにやら、週末日曜大工ならぬ日曜工作にはまりそぉ〜な今日この頃なのです......(^^;)ハハハ。