読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キャナルでムーミンだのモチモチぃ〜のホクホクもつ鍋ぇ〜の焼きぃ〜の


12月30日午前10時9分。定刻通りボクと相方さんは博多駅に到着した。
昨日18時に東京を出て、かれこれ16時間の寝台特急での長旅がひとまず終了。


単純に「16時間」という時間だけではウ゛ヘェ〜!?と思ってしまうが、実際に経験してみるとさほど長時間と感じない。
このうち半分くらいはベッドに横になって眠っていられるので、新幹線での長旅よりも体調的には全然楽なところが大変よろしぃ〜のだ。
長時間座って行ったときのような下半身の気だるさが全く無い。これは予想以上だった。
が!一点。ボクは博多ではやぶさを降りてからしばらく脳が揺れてるよぉ〜な感覚に苛まれていた...(^^;)ハハハ。
ちなみに相方さんは全然問題なかった模様。


この日は駅前のホテルサンルートに宿泊予定なものの、チェックインの時間には早すぎる。
ということで、ホテルに荷物だけ預けて博多在住の相方さんの友人との再会に繰り出すこととなった。


相変わらず、突風が吹いたり霰や雪が降り出したと思いきや、青空が見えたりするという荒れ荒れの天気の中、キャナルシティーをブラブラと。

まだ、年越してないというのにエントランスには気が早すぎる「賀正」の垂れ幕が...(^^;)ハハハ。


キャナル」と付くくらいなんで建物の間には運河が流れていて趣があったりします。
都内でいうと天王洲アイルのよぉ〜な感じでしょうか?

 


そんな中、ボクのまなこがロックオンしたのが、

お店の前にムーミン一家が勢ぞろい(笑)
とり合えず撮っておきました。ムーミンカフェらしぃ〜です。


お昼を食べて、甥&姪のお年玉代わりのオモチャを買いにトイザラスまで友達に連れていってもらったりしてからホテルにチェックイン。
途中、博多駅構内の片隅で気になる張り紙が......。

ローカルテレビでも紹介されてるらしい「もちもち鯛焼き」。
甘いものには目がない相方さんが逃すわけもございません。このもちもち鯛焼きをご所望。

表面はさくら色。触感はたしかにモチモチ......かといって餠とは違う微妙ぉ〜な食感にさすがの相方さんも......「これ、微妙ぉ〜だよね?」
おっしゃる通り、微妙なシロモノでございました...(^^;)ハハハ。


夜になっても、相変わらず突風が吹き荒び(T^T)
博多に行ったら屋台に行くぞぉ〜!と息巻いていたものの、いまだ突風が吹き荒んでいる中、屋台で奮えるアグレッシブさを持ち合わせていない両人はほかほかなもつ鍋にターゲットを変えたのでありました。


博多から地下鉄で中洲方面へ一駅。
芸能人もよく立ち寄るらしぃ〜という「もつ鍋 おおやま」。

中に入ると1Fはカウンターのみとなっており、暗めの照明やらなんやら、お店の雰囲気は隠れ家的なバーといった佇まい。
ほっほぉ〜結構オシャレぢゃないの!と思いきや、店員さんに連れていってもらった3Fの席はただ広間にテーブルがおいてあるだけの雑魚部屋...(^^;)ハハハ。
これではただの鍋屋ではないの?1Fとのこのギャップはなに!?!?
ってなこともありましたが、出て来たもつ鍋味噌味は絶妙ぉ〜〜〜っ!

綺麗にのってるニラの色合いが目を楽しませてくれる上、プリプリのモツと濃厚な味噌出汁のスープが絶品でございました。

最後のシメはちゃんぽん麺で。

ここの鍋は3人前からなんで、3人前喰った上でのちゃんぽん麺は罰ゲームのよぉ〜な有り様でしたが、とにかくおいしぃ〜鍋でございました。



一夜明けて、翌31日。
前日、死ぬほど喰い倒れたんで昼食は軽めに。とはいえ、せっかくの博多なんだから博多っぽいものを求めて再度、中洲方面へ。
この日目指したのは「Kenzo cafe」。


ここの「焼きラーメン」なるもんを是非とも食してみたいもんである。との相方さんのご達しにより行って見たのでありました。
出て来たブツがこれ、焼きラーメン

都内でも以外とありそぉ〜でないのがこの焼きラーメン。作り方は焼きそば、焼きうどんとさほど変わらないと思えるものの、博多ラーメン独自の細麺の食感と、トッピングでのっているベビースターとソースが醸し出すチープな味わいが絶妙ぉ〜!\(^o^)/

博多ラーメンも本場のを食さねばッ!ということで、ボクはKenzoラーメンをご所望。

一見、何の変哲もない博多ラーメンではございますが、とんこつ100%のスープはこってりそぉ〜に見えてあっさりしており、あまりお腹に負担が来ない実に食べやすいラーメンでした。
なんなんだろ?都内で博多ラーメンと名打つラーメン屋は数あれど、なんかとんこつに臭みを感じるもんですが、それってとんこつ以外になんか混ざってるからなのか?
このKenzo cafeでは店内もとんこつ臭が染みつくといったこともなく、あなよろし。


博多らしい食事を堪能したご両人は、よぉ〜やく相方さんの実家、長崎に向かいます。
博多発14時2分諌早行、かもめ25号。


ホームに入ってきたゆりかもめではない白いかもめ。

なんか、銀河鉄道999に出てきそぉ〜なSFっぽいそのマスク(笑)
JR九州の電車って普段見慣れてるJR東日本の電車となんかデザインとか色使いが違うんだよなぁ。




そんなこんなで、よぉ〜やく2007年の年末ネタが終了なのでございました...(^^;)ハハハ。