読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

永遠の約束とともについに手にしたマイスターシュテュックなのです(*^^*)


婚約指輪が出来上がるまで待つこと3週間!
先日、よぉ〜やく指輪も出来上がりお互いに交換したのであります。
で、相方さんからついにモンブラン・マイスターシュテュックがっ!!


まずは、パッケージ。

モンブランのシンボルホワイトスターの輪郭をあしらったブラック&ホワイトの包装紙に包まれておりました。


包装紙を開けるとMONTBLANCのロゴ入りのオフホワイトの箱と真っ白な大き目の箱が。


小さいほうの箱を開けるとモンブランらしい黒の万年筆ケース。


開けるとP146が収まっておりました...(T^T)。
箱が小さいのでこっちがP114かと思ったんですが(笑)


今回、やはりずっと使い続けたいとの思いもあり、指輪に入れた「ボクから相方さんへ」の刻印と逆に「相方さんからボクへ」と名入れをしてもらいました。
名入れはキャップの部分にプラチナ色にあわせて銀色で書かれています。


キャップを外したペン先はこんな感じです。


となるとも一つのでかいほうは114。
蓋にはアマデウス様のイラストが......(^^;)ハハハ。なんでこんな大袈裟なんだろかと。


箱の表蓋を外して、どぉ〜も重たいと思ったら裏側にモーツァルトのCDが入ってました。
こんなとこにも雰囲気作りが......。といっても114て限定品ってワケぢゃないですよね?
 


P114もP146と同じように名入れをしてもらいました。P146を触った後だと妙ぉ〜にかわいらしく感じるサイズです。
 


それぞれ別々だとサイズの違いがわかり辛いので、並べるとこんなふう。
いかにP114が小さいかと。


長さ的にはペリカンの300シリーズと変わらないんですよね。でも、P114は両端が流線型になっているせいか、こっちのほうがちっこい感じ。


二本のマイスターシュテュックを触りながらヂュンヂュン萌えていると、相方さんからもう一つ箱を渡されました。
なにかと思って開けてみると...。


モンブランのホワイトスターが誇らしい、2本差しのペンケースでした。
やるなぁ〜相方さん!
とりあえず、この2本はこいつに入れて大事にしないとネッ!


というわけで、とぉ〜とぉ〜マイスターシュテュックオーナーになってしまったワケですが、昨日は見てるだけでヂュンヂュンしてしまって終わったので、そのうちインクを入れての使い具合などを。
ネットで検索してみると、最近のモンブランは当たり外れが多くて書き味が......というエントリーも多いのでちと心配...(^^;)ハハハ。